DW-5002 AD4

ツインペダルを手に入れてから早4ヶ月位になりました。
熟考した結果DW-5002 AD4と言うモデルにしました。
もともとdwのペダルが好きで何年も使い続けてきた訳ですがDW-5000はDW-6000に浮気してから全然使ってませんでした。シングルチェーンのアンダープレート無しの軽いアクションが自分にとっては心地良かったからです。
しかしツインペダルにするにあたり同じくdwのMDDかMCDにするかで散々迷った挙句5000を購入。
暫く使ってみて感じた事は、僕の持っている古い5000から改良されていてフィーリングが確実に良くなってます。
踏み心地も良いし、パワーもある。僕の足自身も馴染んできてる感じで現在はかなり気に入ってます。
しかしMDD、MCD買っていたらどうなんだろう。ペダル自身はご機嫌だと思うけどハイハットスタンドも欲しくなっちゃって今頃買う買わないで悩んでいる頃かも知れない。

今はまだツインペダルを使いこなすレベルにはなっていないけど、少しずつ左足も音が出るようになってきてると思う。
ヒールダウンで1音1音しっかりと音が出る様にプレスで。皆オープンで踏むみたいなんだけどプレスで踏むとビーターでヘッドを抑え込むのに脛に力が入りますがこの作業がパワーとスピードを生んでくれる様な気がするんです。
最初Steve Gaddさんがプレスで踏んでるの見て「え?」思ったんだけど以前はオープンで踏んでいた人が変えて踏んでいるのは何か意味があるんじゃないかと。
早速試してみたら意外や難しくて上手くいかない、、でも続けているうちにだんだんコントロール出来る様になってきて音粒が出てきた感じです。
ヒールダウンでゆっくりとしっかり大きく正確に踏む練習を続けていると全くヒールアップで踏めなかったのに、気がつけばヒールアップで自分も思ってもみない速さで踏める様になっててびっくり。
ただキチンとコントロールするのはヒールアップでも練習しないとダメですけどね。
練習はStick ControlのSingle Beat Combinationsをやってるのですが、右足のペダリングの再学習にも役立ちます。
とにかく色々と相乗効果がある事は間違い無さそうです。
練習あるのみ。。です。。はい。

紹介

ドラマーのクボ コウイチロウです。 講師の仕事を中心にバンド、セッション、サポートの活動をしています。

カテゴリー: diary, drums タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*