GarageBandのファイル共有

ここ何年も自分で打ち込みとかやってなかった。
ちょこっと自分のプレイを演奏したり、頼まれて自分の演奏を録音したりはあったけど、、
最近になってAppleがMacやiPhone、iPadで使える音楽作成アプリGarageBandに再び注目中。
毎日のように起動してあれこれ触ってみてる。
ドラムのトラックの入力にもいろいろtipsがあって、ネットでたまたま知ったりすると、、「なるほどぉ〜」などと唸ってみたり。
これ、音楽やる人にとっては強力なツールです。
音楽作るだけじゃないね、自分の演奏のチェック、トレーニングにもいい。
クリック・トラックや、楽曲と一緒に演奏して録音して聴き直してチェックしたり。
工夫次第で結構いい音で録音も出来る。
Tipsはまたの機会に紹介しようかな。

garageband_ios
で、GarageBand使ってバンドのメンバーとアレンジなどアイディア出しなど共同作業とかにも向いてるんじゃないかと。
スタジオに集まれなくてもプリプロとか、、、。

本当はMacのGarageBandでやり取り出来れば1番イージーなんだけれど、、
メンバーが全員Macじゃないと言う場合もあって。
調べてみたらiPhoneなどiOS版のGarageBandで作った物はMacのGarageBandでは開く事が出来るのだが、その逆、GarageBandで作った物はiOSのGarageBandではダメと来た。そのうちに出来るようになると言う噂も見かけたけれど、、現時点で残念ながらダメ。

まとめるのはMacでやるとしてiOSオンリーのメンバーとのやりとりはどうなの?って言うことでiOS版GarageBandで作った物をそのままメールに添付すればと思っていたけれどメールに添付する時にはm4a.の書類に書き出されてしまう訳。これじゃGarageBandではシーケンスデータとして開けない。

メニューにDropboxへ保存も出来るのでDropboxに保存して共有でいいじゃないの?と思って試すも読み込めても残念ながらファイル自体は開けないと警告が出てダメ。じゃ、Dropboxへ保存したファイルをメールに添付して送って開いてみても同じく開けず。

諦めずネットで探してみると他のデバイスとの共有方法と言う記事を見つけた。
一度iTunesに保存して、MacとiPhoneを優先で繋げてiTunes→iPhone→App→ファイル共有→GarageBand と開いていくと保存してあるファイルが見えるので、これをMacにコピーしファイルをメールで送って同じように相手の環境でMacまたはPCからiTunesのGarageBandのファイル共有のところにドロップすればGarageBandで開く事が出来るようになる。

ちょっと手間がかかるけれどいまのところはこの方法しかなさそうだ。

紹介

ドラマーのクボ コウイチロウです。 講師の仕事を中心にバンド、セッション、サポートの活動をしています。

カテゴリー: tools & goods タグ: , , , ,
GarageBandのファイル共有” への1件のコメント
  1. Kei Okuno より:

    drum maniacさん、教えてください。
    バンドメンバーが会社の転勤で離れ離れになってしまい、何とかGarageBand ファイルを共有化して練習やアレンジなど出来ないか試行錯誤。この記事に当たりましたが、Macを持っておらずiPhone のみ。
    その後、共有化の術は見つかりましたでしょうか?

    • borcaro より:

      Okuno様
      結局のところiOSでの共有は会った時にAirDropなんです、、今のところ。
      いつの間にかメンバーがMacと言う環境になったりしたし、、ちょっとこのところiOSでのファイル共有について模索はしてませんでした、、。
      この記事に毎日アクセスが絶えないのは手軽にGarageBandのファイル共有を望んでいる方が多いんだと思います。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*