必死こいてました

昨日のライブイベントは大盛況でした!イベントを切り盛りした菊地圭介君は本当にお疲れ様でした。体調悪いのにそんな事は微塵にも見せずで本当に頑張ってました。 そんな菊地さんと一緒にカシオペアの曲をやったのは高校生以来。もちろんその時の仲間のギターの城戸宏之君も一緒だ。
左から城戸宏之君、菊地圭介君、そして私
今思えば僕らは用意もキチンと出来て無かった。リハーサルは1回だけだったし、昨日当日もベーシストの山崎さんと僕は仕事してから会場に滑り込みでリハーサルもサウンドチェックも無しでステージへ上がった感じだし、圭介君がステージ上でマイク通して「さて、曲順決まってないけど、、何からやりますか」ってな具合で(笑) それでも始めてみれば、スリル満点でしたがどの曲もバッチリエンディングも決まったし(多分ね)、ほんと終わり良ければ全て良しな感じでした。 「リベンジに燃えてる」って言ってる方もいるのでまたやるのかもしれない。一緒にまたやれたら楽しいじゃない。 それにしてもフュージョンとかスムーズジャズみたいな音楽はいきなりは出来ないものだね。僕は上手くないから練習しないとダメだな。思っていても手が出ない事ばかりだったし。今回ご一緒は出来なかったけど友達からもやろうと言ってもらってるし頑張ってみようと思います。
紹介

ドラマーのクボ コウイチロウです。 講師の仕事を中心にバンド、セッション、サポートの活動をしています。

タグ: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください