EAD10のマウンターをD.I.Yした

たびたびのEAD10ネタですみません。
先日、dwのツーフロアで試したところセンサーユニットから離れてしまう2つ目のフロアタムがどうしても拾いきれない。ちょっとそこが残念に思ってました。

EAD10のセンサーユニットはベースドラムのフープに噛ませて使うのですが、ベースドラムのトリガーを使わないのであれば違う場所に設置してもいけるとアドバイスを頂きました。
全体がバランス良く音を拾えるところに設置すれば良いのだそうです。
教えて頂いたのはRCCの仲間の山本雄一氏で、実際自分の直ぐ後ろにセンサーユニットを設置してとても良いバランスで録音されてました。
センサーユニット、設置するのに良い方法は?と思案していたところシンバルスタンドを利用してやろうと思いホームセンターに適当なものは無いかといってみたところ、、適当なものを見つけました。
僅か300円もかからず材料を購入。ドリルで穴を開け、ラバーのクッションをつけて出来上がり。



改善の余地はあるのですが取り敢ずはセンサーユニットがガッチリとマウントする事が出来ました。
CANOPUSの細いシンバルスタンドに合わせて穴を開けたのでYAMAHAのスタンドだと穴の幅が足りなかった、、。また時間ある時に少し穴を広げてみよう。

早速試してみたいね。
それからフープにセンサーユニットを取り付けられないHip Gigでも録音出来るようになって嬉しいな。

おっと、、
EAD10の面白い動画を見つけたよ。

紹介

ドラマーのクボ コウイチロウです。 講師の仕事を中心にバンド、セッション、サポートの活動をしています。

カテゴリー: diary, drums タグ: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください