スティーブ・ルカサー自伝

これはノーチェックでした。

何気に好きなんだす、ファンなんです、Steve Lukather。

<目次>
最初に言っとかなきゃな……「どのパートを誰が考えたのか」だって? みんなでやったのさ!
プロローグ 音楽の黄金時代は、絶対に記録して保存しとかなきゃならない
第1章 ビートルズの天啓。いじめられまくった俺には音楽が救いだった
第2章 12歳で初めてスタジオ録音を経験。親父からの最高の贈り物はレスポール・デラックス
第3章 ポーカロ兄弟・ペイチとの出会い。スタジオ・ミュージシャンになるという夢
第4章 ハイスクール卒業。セッション・ミュージシャンの道へ
第5章 ボズ・スキャッグスのおかげで開いた扉、そしてTOTOファースト・アルバム制作へ
第6章 TOTO始動! 『宇宙の騎士』制作秘話
第7章 『宇宙の騎士』リリース。酷評の嵐だったが、300万枚売れたぜ!
第8章 『ハイドラ』『21 AT 33』『ミドル・マン』
第9章 ベイクド・ポテトで腕を磨く
第10章 俺たちスタジオ・ガイ~セッション・ワークの日々とクインシーとの出会い
第11章 背水の陣で「ロザーナ」「ホールド・ユー・バック」「アフリカ」完成!
第12章 朝、電話が鳴って、甲高い声が「ハロー」と言った。「くたばれ」と返して電話をガチャンと切った。マイケル・ジャクソンからだった。俺は『スリラー』に参加した
第13章 グラミー賞総なめ。9部門! ポール・マッカートニーと夢の競演
第14章 『フットルース』ではなく『デューン』を選んでドゥーム(破滅)した俺たち
第15章 心機一転! 『アイソレーション』完成。デヴィッド・リンチにジャケットのデザインを依頼するが…
第16章 またシンガー交代。マイルス・デイヴィスが『ファーレンハイト』でブチかましてくれたぜ!
第17章 『ザ・セブンス・ワン』は、アメリカでは売れなかったが、他国では大成功!
第18章 離婚して、ソロ・アルバム制作。そして、日本でファースト・ソロ・ツアー
第19章 またまたシンガー交代、このバイロンってのがとんでもないやつだった!
第20章 ジェフ・ポーカロの急逝。その日、ジェフからBBQに誘われた俺は「愛してるよ、兄貴」と電話を切った。それが交わした最後の言葉となった
第21章 ハリウッド・セレブ・ロック・ライフと大親友ミゲル・フェラーとの思い出
第22章 TOTO活動停止〜『キャンディマン』制作〜TOTO再始動〜『タンブ』制作
第23章 酒におぼれた10年間。結成30周年の年、TOTOは終わった
第24章 TOTOメンバーが次々と病に襲われた。マイキーのためにまた集まるんだ!
第25章 リンゴ・スターのドラマーとしての凄さ。ビートルズのおかげで俺はここにいるんだ
第26章 離れていったやつ、涙で見送った仲間もいる。だが、俺たちはゲームに復帰した
第27章 TOTOは40周年。俺は60歳。まだまだ現役で頑張るぜ!

目次だけ見てもそそられる、、。

マイケル・ジャクソンから直接電話あったのか、、しかも、切っちゃったの?

ポール、リンゴの話も興味あるある。。

もちろん、ジェフの話もだ。

ちょっと高いけど、、読みたい、、な。

 

おっと!!Kindle版ならちょっと安いぜ!

紹介

ドラマーのクボ コウイチロウです。 講師の仕事を中心にバンド、セッション、サポートの活動をしています。

タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください