歌うドラマーのマイク

僕の参加している#501で歌わされる様になってから最近色々なバンドでコーラスも参加する事が多くなって来た。
プレイしながら歌った事のあるドラマーなら経験あると思うけど、マイクロフォン、マイクスタンドのセッティングが意外と難しいものです。
うまくセットアップ出来ないと歌い辛かったり、ここぞと言うタイミングで振り上げたスティックがマイクやスタンドに当たってしまったりと。
この問題はずっと考えていて、なんとかスマートに解決したいと思っていたところ人から譲り受けたマイクのシールド類の中にあったクリップ式のグースネックがあった事を思い出し、引っ張り出してみました。
これまでマイク関係の事は自分で何かする事ってなかったのでコレをどうして良いのやら悩んでましたが、楽器屋さんに持ち込んで相談してみれば一発解決でしたよ。
時間かけてネットで検索してもなかなか解決に至らなかったのに、、。
本当、お店で相談するのが手っ取り早かったな。

ドラマーでも素晴らしいシンガーは世の中には沢山いて、有名過ぎるけれどHotel Californiaなど名曲を沢山歌っているTHE EAGLESのDon HenleyさんやTHE BANDのLevon Helmさんとかいらっしゃるけれどマイクが頭上から正面にセットアップされて歌いやすそうなので試してみたかったんだけれど、スタンド特注しないと無理なんじゃないかなってずっと思ってました。
だけど、手持ちのグースネックにフォルダつければなんとかなりそうだと思ったので試してみます。
実際、使ってみないとなんとも言えないけれど、、
ブームのマイクスタンドのアームに取り付けて上手くバランスとれるのか心配だし、上手い事セッティング出来るものなのか?
とりあえずは次回スタジオでやってみようかと思います。

参考までに。

紹介

ドラマーのクボ コウイチロウです。 講師の仕事を中心にバンド、セッション、サポートの活動をしています。

カテゴリー: diary タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*