YAMAHA JUNIOR KIT

先週のTHE 情熱ツーシームでライブをさせて頂いた3丁目カフェ下須万里子バンドで同じクライブをさせて頂いた音楽食堂 空飛ぶこぶたやで使わせて頂いたドラムキットがYAMAHA JUNIOR KITでした。2日続きで同じ楽器をお借り出来たと言うのも僕の人生ではあまり無かった事かも知れない。

音楽食堂 空飛ぶこぶたや キット


3丁目カフェ、音楽食堂 空飛ぶこぶたやのセットはどちらもコンディションは良くて良い音していて演奏が楽しかった。ヤマハのJUNIOR KITは僕が小さいドラムキットを購入しようと思った時にHip Gigとどちらにするか候補にしていた楽器で、あのお方にもお進め頂いていたのだけれど結局Hip Gigのベースドラムにタム&スネアが、スローンにスタンドが収納出来ると言うギミックに魅力を感じ過ぎてHip Gigをチョイスしたのでした。
JUNIOR KITをちゃんと使ったのは今回が初めてだったけれど、Hip Gig同様にトーンが良くて演奏するのが楽しい楽器でした。
ただ、、今回のTHE 情熱ツーシーム、下須万里子、、個人的には普通のサイズのキットでプレイしたかったなと、終ってから思いました。
と言うのも、3丁目カフェ、音楽食堂 空飛ぶこぶたやは以外と音量出せてバンドもエレキだしドラムも音出せるお店だったから、、ドラムはP.Aは介せず生音勝負だったのでどうしてもベースドラムとか足りなかったわけで、、「もっと踏んでいいよ」と言われてもこれ以上はダメでしょうってくらいにベースドラム踏んだけど結果的に足りなかった。スネアは自分のいつものdwのスネアだったからドラムキットとバランスとりつつ加減して叩かなきゃいけなかった。
僕はヴォリューム抑え気味でも普通のサイズのキットで楽しく演奏したいタイプなので、今回の2つの現場は20インチのキットでもう少し豊かな音でやれたんじゃない?って思っちゃったな。
いずれにしても、今回はいろいろな諸事情もあって自分のキットは持って行けなかったんだけれど。。
それにしてもです、、良い楽器ですねJUNIOR KITは。可搬性も良いだろうし、ライブバーとかこじんまりしたハコでやるなら超・お勧めです。

おとばこ収録時

紹介

ドラマーのクボ コウイチロウです。 講師の仕事を中心にバンド、セッション、サポートの活動をしています。

カテゴリー: diary, drums, 下須万里子, 情熱ツーシーム タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください