Moggie @ Roppongi Club Edge


Daryl Hall and John OatesのJohnさんがManeaterを弾き語り。
アルバム、ライブではDarylさんがメイン・ヴォーカルだけれど流石Johnさんも上手くていい。ギターも上手いんだね、、。

osamusan_at_edge
さてさて、、
お初のサポートだったMoggieさんのClub EDGE Roppongiでのライブも楽しく終了。
しかし、久しぶりのロックトリオ、終わってみればいろいろと考えさせられることも多かった。
次回があるならば、もっとパターン、フレーズを練らないとね、、って感じ。

それにしても、本当は昨日は若いバンドとの2マンライブだったのだが、、そのバンドがリハーサル時間になっても現れず、連絡も来ず、結果的にはすっぽかし。
いくらなんでも、そりゃねぇだろう、、ってね。
どういうつもりか知らないが来ないなら来ないで連絡ぐらい入れなきゃね。

club edge's Recording Custom kit
Club EDGE Roppongiで演奏したのは久しぶりだったけれどハウスのドラムセットは以前とは相変わらずHot Red FinishのYAMAHA Recording Cutomでした。コンディションはそれ程良くなかったけれど、やっぱりレコ・カスはいいね。
スローンが自分の好きな高さにはならなかったのが困ったもので。僕にとっては少し高いんですよね、最近のスローン最低高がちょっと高めになってるので低めに座りたい僕にとっては困ることが多いです。
「スローンが高い=楽器までの距離が近くなる」、いつものペダルなのに感覚が変わるのが嫌なんだよねぇ。
だったらスローン持ち歩けよって言う話なんだけれど、流石に電車移動でシンバル、スネア、ペダル、スティックに加えてスローンまでは、、
ま、車で行くくらいだったらドラムセット持って行っちゃうよね。

紹介

ドラマーのクボ コウイチロウです。
講師の仕事を中心にバンド、セッション、サポートの活動をしています。

カテゴリー: diary, live, music タグ: , , , ,
Moggie @ Roppongi Club Edge” への1件のコメント
  1. awesome より:

    コウイチロウさん、こんにちは。先日はおつかれさまでした。後日、かっちゃんと反省会をしたのですが、二人の感想は、細かい事は別にして、いいライブだったと思っています。そして、今回、コウイチロウさんの貢献度は非常に高かったですよ。あの僅かな準備時間で、よくぞあそこまでやってくださいました。いずれまたお願いすることになると思いますので、そのときはよろしくお願いします。

    • borcaro より:

      awesomeさま
      コメント頂きありがとうございます。
      少しはお役に立てたようで、、良かったです。
      また次回楽しみにしてますね(* ̄∇ ̄*)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*