リハ帰りにハイネケン

今日のリハは使い慣れたRoom13ではなく10。P社の素敵なブルー・スパークルのキット。このスタジオは2度目だけれどちょっとここは耳に辛い響きだ。ロックなチョイスのシンバルは大きく慣らそうとすると耳にくる。部屋の大きさもあるかと思うけれどダイレクトに耳に戻ってくる感じ。だからちょっと加減が必要だった。イヤープラグを持っていたのだから使えば良かったんだけれど、きっと僕がフルにいったら他のメンバーも辛かったかも知れない。ギターの音が僕の耳にはダイレクトに届いていてきっと本人たちよりも僕が音を浴びていて、それに合わせて行っちゃうと大爆音になってしまっただろうと思う。
リハは久しぶりの曲と前回チラッとやった新曲が中心でした。そうだなぁ、個人的にはそろそろライブやりたい。

ハイネケンってそんなに高かった?

リハの帰り道、近所のコンビニに立ち寄りポテチとビールを。ビールは何を飲もうかと考えてたんだけれど、国産のビールに並んでハイネケンが。隣の国産のビールは199円とあってなぜかハイネケンのところには値段が書いてない。その上のバドワイザーは国産と同じ値段だったのできっとハイネケンも一緒かと思ったのにレジで言われた値段は257円(だったと思う)。ちょっと高いじゃん!!ハイネケンって高いビールだったのか??でもこの缶のデザインちょっとかっこいいじゃん。

飲んだら眠くなってしまって一瞬寝てしまった。早く寝ようかな。

紹介

ドラマーのクボ コーイチローです。 猪俣猛氏が主宰するRCC Drum Schoolで講師をしています。 MIDsIROW、THE SOUL 49ERS、鈴木友和などでの活動の他、セッション、サポート、レコーディング等活動も行っています。 サポートやレコーディングのご相談などお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください