タヌキか?!?!

昨夜自宅で車を停めて降りる準備をしていたら目の前にコロコロに太った猫? うちの近所は猫愛好家が多く沢山ウロウロしているのだが、、ウチの前と言うかお迎えの玄関の前でなんとなくこちらを見てる風。猫?ん?いやタヌキだ!と思ったらもう一匹僕の車の前を先のタヌキのところへ駆け寄って行く。番いなのか? 2匹仲良くお向かいの庭へ走って消えて行っちまった。以前何度か近所でハクビシンは見かけてはいるがタヌキは家の周りでは初めてだよ。
My Mustang
昨夜は勇気を振り絞りムスタングのピックガードを交換すべく作業を開始。
White Pearl Pick guard
このギターが手元にやってきて来たまま数ヶ月経ったけど弦はその時のままなので弦の交換に合わせての作業と言う事でしたが。古い弦を外してピックアップ、セレクタースイッチ、ピックガードの順でネジを緩めて外して恐る恐るピックガードをゆっくり持ち上げ外してみるとピックアップの端にスプリングがあって焦る。なんせ、エレキギターなんて内部を見るの初めてだしそんなもんがあるなんて知らなかったのだ。スプリングはともかくとりあえず新しいピックガードがちゃんと収まるのか確認したらボリューム、トーン、アウトジャックがあるプレートの部分が僅かに当たってピックガードが収まらない。あれこれ試したけどお手上げ。ギタリストの友に電話でヘルプも電話じゃどうにもならずで今回は大人しく元に戻す事に。が、先のスプリング。超が付く不器用な指先でピックアップの両脇に上手く乗せる事もままならず、どうやったらスプリングが動かないようにピックガードをはめ込みピスを締めるかで夜中まであれこれ試しながらやりました。何とか上手いこと戻す事が出来きた。皆、口を揃えて簡単だから自分でやってみろ的な事を言ってくれてましたが、これは僕にとってはドキドキ物でした。兎にも角にも戻せて良かった。 今日出かける前に思いついて、もしかしたらボリュームのところのプレートって緩めたら多少の遊びは出るんじゃないかと試してみたら案の定動く。ここ緩めておいて新しいピックガード載せてから締め直したらいけちゃいそうだな。せっかくピックガード買ったんだし近日再度挑戦してみようと思う。 そんなんで昨日はポストするのも忘れてギターと格闘してました(笑)
紹介

ドラマーのクボ コーイチローです。 猪俣猛氏が主宰するRCC Drum Schoolで講師をしています。 MIDsIROW、THE SOUL 49ERS、鈴木友和などでの活動の他、セッション、サポート、レコーディング等活動も行っています。 サポートやレコーディングのご相談などお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください