Midas Man

今日は一日肌寒かったと言うか、Tシャツに短パンで過ごしていた僕がいけなかったんだけどちょっと寒過ぎたな。
予定していた事もあったんだけれど予定は思うようにはいかず、身内のサポートで一日が終ってしまった。
ま、こんな日もあります。

ボヘミアンラプソディ以降、面白そうな音楽やアーティスト絡みの映画が沢山制作されている。
そしてまたしてもThe Beatles関係の映画だ。

ザ・ビートルズを発掘したマネジャー、ブライアン・エプスタインを描く伝記映画『Midas Man』の製作が進行中 (2020/07/03) 洋楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)
この映画”Midas Man“はThe Beatlesのマネージャー、ブライアン・エプスタインの伝記だそうだ。この人がいなかったらThe Beatlesはなかっただろうし、The Beatlesがなかったら今の音楽シーンはどんなものだったのだろうか? ブライアン・エプスタインは5人目のThe Beatlesと言われるくらいの重要人物だ。そう言った意味でもこの映画には興味を持ってしまう。解散してもうこんな2時間が経っているバンドなのに未だに話題に欠かないとは全く持って凄いバンドだ。

そうだ、映画と言えば、、今ロードショー中のカセットテープ・ダイアリー観に行かなくっちゃ〜。しかし、TOHOシネマズが中心で上映しているところが新宿とか横浜とか、、人の多いところでちょっと嫌、、だな。

紹介

ドラマーのクボ コウイチロウです。 講師の仕事を中心にバンド、セッション、サポートの活動をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください