観たい映画だ

今日はレッスンに出掛けるちょっと前に雨がザーザーと降ってて外に出るのにちょっと思い病んでたけど、幸いにも出掛けるタイミングでは小雨になってて駅まで横殴りの雨でずぶ濡れになる事も無く歩けた。

出掛けるまで家であれやこれややっていたり、毎日のルーティンをこなしてから出掛けたんだけれど余裕で教室に着ける予定がレッスン開始20分前と、そんなに余裕は無かった。 で、本日のレッスンは最初のクラスはいつも通りでしたが何故か今日に限ってその後のクラスの皆様がご都合でお休みとなり、1クラスだけレッスンして駅にある立ち蕎麦でご飯食べて帰ってきました。仕事した時間よりも往復の通勤時間の方が長かった。ま、こんな時もありますですね。

ハインラインのSF小説「夏への扉」の初実写映画化が決定 – GIGAZINE

山下達郎さんのアルバムRIDE ON TIMEに収録されている「夏への扉」と言う曲があるのですが、この曲はもともとSF好きのキーボーディスト難波弘之さんの為に山下達郎さんと吉田美奈子さんの2人によって書き下ろされた曲で、もともとSF作家ロバート・A・ハインラインの「夏への扉」と言う小説が題材となってます。その「夏への扉」がこの度日本を舞台にしての実写での映画化が決まったそうです。「夏への扉」、実は僕もRIDE ON TIMEを聴いた後手に入れて読みました。名作と言われているだけあって読んでから30年以上は経ってるはずなのにおおよそ内容を覚えているのですから結構印象的な作品なんだと思います。だって、結構読んだもの殆ど忘れてますから(笑)

映画『夏への扉』オフィシャルサイト

公開は来年2021年だそうです。ちょっと楽しみですね。

夏への扉

ロバート・A・ハインライン/福島正実訳『夏への扉』(ハヤカワ文庫)

オールタイムベストのアンケートをとれば常に上位、SFファンの間で名作の誉れ高い「夏への扉」。原作者は「機動戦士ガンダム」の設定に影響を与えハリウッドでも映画化された「宇宙の戦士」(映画タイトル『スターシップ・トゥルーパーズ』)で有名なSFの巨匠作家ロバート・A・ハインライン。タイムトラベルものは映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』も含めて数々あれど、時間旅行ものというジャンルを確立させた本作は後の作品に大きな影響を与え古典中の古典と言える。

 

映画と言えばもう一つ、、

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』公式サイト/7月3日(金)公開

これピーター・バラカンさんがラジオでも紹介していて気になっていたんだけれど今週金曜日からロードショーなんです。時間作って観に行きたいです。

 

あ、東京近辺、今夜から朝にかけて大雨心配ですね。皆さんもどうか気をつけて。

紹介

ドラマーのクボ コウイチロウです。 講師の仕事を中心にバンド、セッション、サポートの活動をしています。

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください