EAD10、フットスイッチでトークバックのオン・オフの切り替えを設定。

EAD10、フットスイッチでトークバックのオン・オフの切り替えを設定。

生徒さん達にメールでオンラインで一緒に叩きましょうと言ってみたら、大勢の方からリアクション頂きまして早速週末、来週と実施する事になりました。
これは正式のレッスンではなくて単に一緒にちょこっと練習したり何かアドバイス出来たら良いかなと。
今後、場合によってはオンラインでレッスンと言うのもやる時代にはなるかとは思いますが、現時点では生徒さん側も含めこちらもいろいろと環境も整っていないと言うのは大きいな。特に生徒さんの家にはドラムセットやエレクトリック・ドラムがある訳ではないのでいつものレッスンのようにはいかないでしょ。それにまず、音や映像の遅延が問題です。とても一緒にアンサンブルが出来きないですから。
ネットの回線が光でPCがルーターから有線で繋がってるとかなり良いみたいですけれど、まず現時点でウチがダメだ、、(爆)
ちょっとテストでやった事があるのでおおよその感じは分っているけれど、人それぞれ環境も違うので若干心配もありつつ、皆さんにお会い出来るのを楽しみにしてます。

フットスイッチでEAD10のトークバックのオン・オフを切り替える設定

って言う事で、昨日悩んでいた件を今日は解決しました。
EAD10のバージョン2にアップデートした時にトークバックをフットスイッチでオン・オフ出来るように設定しておいたのですが、昨日使ってみたら、フットスイッチ踏むとベードラが鳴る。戻そうとして設定を開いていくもどこで設定するのかが思い出せない。
マニュアル引っ張り出しても、どうにもその箇所に辿着けない、、。
昨日は結局諦めてしまった、、。
明日のウェブレッスンでトークバック使いたいので、今日は何としても設定しなければと再チャレンジ。
前回設定した時にはマニュアルを見て設定したはずなのだけれど、さっぱり分らん。
ウェブで検索したけれどそれも見つからず、、肝心な時に探し物が見つける事が出来ない人なのね。。涙

と言う事で何とか自力で辿着いた!
MENU → UTILITY → PadFunction へと進み
talkBkOn/Off またはtalkBkHoldSw を選べばOK

talkBkOn/Off はフットスイッチを踏む毎にトークバックがオン・オフになる設定。

talkBkHoldSw はフットスイッチを踏んでいる間トークバックがオンになる設定。

最初設定をtalkBkHoldSwにしてしまっていたので踏んでいる間しかトークバックにならないので、前回とは違うし「何でだ!!」と悩んだのだけれど、何の事はない、2つの設定が用意されていたんでした。

それにしても、EAD10はあれこれといろいろな機能がてんこ盛りなガジェットですね。
最近YouTube見ていても世界でいろいろなドラマーが様々な使い方をしているのをみかけます。
僕は自宅でも使い道を見つけて嬉しいんだけれど、やっぱりアコースティックのセットで使いたいな。
ホント、ドラムが恋しいであります。

紹介

ドラマーのクボ コウイチロウです。 講師の仕事を中心にバンド、セッション、サポートの活動をしています。

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください