今日の克也さんはノリノリ

毎週土曜日の朝の楽しみ。
レッスンに向かう道中、radikoでタイムフリーで聞いてるのはニッポン放送の小林克也さんの番組 Music Machine Go Go。
なかなか楽しくて小林克也さんの音楽への愛が感じられる良い番組だ。
今朝の小林克也さんの喋りはいつもよりもテンション高く感じました。
電車の中で聞いててにやにやしてました、、かなり怪しいやつですね(笑)

小林克也さんが歌詞を訳して語るコーナーがあるのですが、始まって瞬時にThe BeatlesのBack In The U.S.S.Rだと分ったけれど、もうあの語りっぷりが最高でして、、ははは。
帰還が限定ですけれどリンク貼っておきましょう。12/7日分の放送、お勧めです。

Music Machine GO! GO!☆ | ニッポン放送 | 2019/12/07/土 08:00-08:30 http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20191207082213 ←ちょうどBack In The U.S.S.Rの辺りからかかるはず、、

ロックンロールにユーモアがないと輝きがないと言うフレーズ、ごもっともです、はい。

さて、本日のレッスン。
Y氏、、レッスン前ドラムセットに座ってPaul Simonの「恋人と別れる50の方法』のあの有名なドラムのパターンを練習してるのを見逃さなかったですよ。良いですな、ガンガンやってください。
それ見て後でやってみたら、すっかり忘れてる、、キックはどこでいれるんだっけ??(かなりダメ

この投稿をInstagramで見る

今日もおつかオレ。

Koichiro Kubo(@borcaro)がシェアした投稿 –

今日も無事に終った。
明日は宮地楽器さんの発表仕事。
1日頑張らなくっちゃ〜。
まずは寝坊しないように、、とっと寝ましょう。

紹介

ドラマーのクボ コウイチロウです。 講師の仕事を中心にバンド、セッション、サポートの活動をしています。

タグ: , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください