何か分かった気がするねん。

昨日レッスンでChaka Khanの曲の事で生徒さんと話していたりしたんだけど。
ずっと昔からRufusやChakaの曲でJohn “JR” Robinsonみたいに刻むHi-Hat Cymbalの16分が出来たら良いなって思っていたんだけど、、Chakaの曲鳴らして一緒に叩いていたら、、「あれ?こうか?」なんて一気にJohn “JR” Robinsonのあのフィーリングになって目から鱗でした。うーん、そっかー、そうだったんだ、、なんて事がありました。何か掴めた時って本当に嬉しいものですね。


さて、Cajonを久し振りにケースから出してみました。
今月はパーカッションで呼んで頂いたライブがあるのです。
もう1年以上叩いていないから練習しなきゃね。
みんなとご一緒にするのは久し振りだし、呼んでいただけた事は光栄なのでご迷惑かけないようにちゃんと準備しないといけません。

紹介

ドラマーのクボ コウイチロウです。 講師の仕事を中心にバンド、セッション、サポートの活動をしています。

カテゴリー: diary, drums

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください