ロニー・スペクター

日曜日のピーター・バラカンさんの番組バラカン・ビートでロニー・スペクターさんの訃報を知った。ロニー・スペクターさんは Be my babyのヒットで有名なロネッツのメンバーだ。そしてあの有名なプロデューサー、フィル・スペクターの奥さんだった方だ。フィル・スペクターとの結婚は大変なものだったらしい、、。フィル・スペクターも最後は獄中で病死だったはず。
番組では沢山のリクエストが来てたみたいでピーターさんも多めに彼女の曲をかけてた。その中の一曲、ピリー・ジョエルの Say Goodbye Hollywoodのカバーをかけてた。こんなカバーがあったのも知らなかったんだけど、当時はロネッツとEストリートバンドのパクリだと散々だったらしい。僕はそんな事は知らなかったけどピリーがロネッツをオマージュしたものだと勝手に思ってた。Eストリートバンドと言われれば、まぁそう思わない訳もないけど、、それほどスプリングスティーンは聞いてなかったしなー。
番組でのピーターさんの説明によると当時スプリングスティーンはマネージャーと訴訟問題で活動出来なくなっててバンドも解散の危機に瀕してたそうだったそうで、スプリングスティーン抜きでレコードをしようと言う事になりロニーに声をかけたと言うことらしい。そして作ったシングルがこの Say Goodbye Hollywoodだったらしい。結局セールス的には成功とはいかなかったとの事だけど、この曲を取り上げてもらったピリーがすごく喜んだと言う素敵な話でした。

僕はこのTurnstilepのバージョンよりもライブアルバムのSong In The Atticのバージョンが好きでよく聴きました。

紹介

ドラマーのクボ コーイチローです。 猪俣猛氏が主宰するRCC Drum Schoolで講師をしています。 MIDsIROW、THE SOUL 49ERS、鈴木友和などでの活動の他、セッション、サポート、レコーディング等活動も行っています。 サポートやレコーディングのご相談などお気軽にお問い合わせください。

タグ: , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください