今日はジンちゃんモデル。

今日は久しぶりにこのスネアが叩きたくなった。しかし、 このスネ夫君は6インチと深いシェルに加えヴィンテージ・フープの分もありスネア・スタンドを下げ切ってもいつものスネアのポジションよりも高くなってしまうのでやむを得ずスローン(椅子)の高さを上げる事になる。その差10センチ前後なのだけどフィーリングは変わってくる。まぁ少し違和感はあるけどスタジオで用意されてるスローンも自分の好きな高さまで下がらないものもあるし、たまには違うセッティングでと割り切る事にしてるから、、。しかし、久しぶりに叩いたけどこのスネアも良いんじゃない? 少しまた使うようにしてみよう。最近またヤマハが復活してきてるね(笑)
教室着いて楽器のセッティング直してたらハイハットペダルのところでペダルにマットが押し出されてしまってた。ちょっと前から気になっていたけれど、これじゃあんまりだなと言うことで楽器を一旦マットから外して直した。
これで気分スッキリ。これならペダルを任意の場所にスッキリ置けるですね。 このところ暑さのせいなのか生徒さんも体調崩してしまってる方が各教室で出てきてる。暑さだけじゃないけど、本当に色々と用心していないといけないですね。
紹介

ドラマーのクボ コーイチローです。 猪俣猛氏が主宰するRCC Drum Schoolで講師をしています。 MIDsIROW、THE SOUL 49ERS、鈴木友和などでの活動の他、セッション、サポート、レコーディング等活動も行っています。 サポートやレコーディングのご相談などお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください