定禅寺ストリート・ジャズ・フェスティバルも楽しく終えて帰ってきました。

先週末は仙台は定禅寺ストリート・ジャズ・フェスティバルに我がTHE49ERSで出演してきました。
僕らが演奏した10日(土)は朝から素晴らしい晴天でご機嫌な秋空の元、バンマス曰く青空の下で歌うのは似合わないソウル・ミュージックをノリノリで演奏させて頂いてきました。
僕らは本番の前日入りして現地のメンバーの方にセッティングしてもらったスタジオで超軽くリハーサルしてこれまたセッティングしてもらった素敵な居酒屋で前夜祭!もとい!!反省会でした。
どの料理も非常に美味しくて嬉しかったのですが、、初めて口にした熊の肉、、これ、こわごわ口にしてみましたが、なかなかいけましたです。
なかなか食べる機会なんて無さそうなお肉なので貴重な体験でした。
100910jouzenjistreetjazzfestival
今回演奏でお借りしたのはTAMAの透明のアクリル・シェルのドラムキットだったけれど結構ぶっとい音がしてて良かった。時間があればチューニングし直したかったけれどね。僕らのステージはドラムにはマイキングがなかったけどそこそこちゃんとお客さんにドラムの音は届いてたみたいだったので良かった。
ベースドラムにはミュートは入ってなかったんだけれどDANMARのマフリングが打面につけてあって、それが結構野外の環境ではそこそこ良い感じになってた。これがスタジオだったらどうだか分からないけどね、、。
フロントのTom Tomはクラッシュシンバルのスタンドからそれぞれマウントされてて、本当は右側はライドシンバルをセットしたかったんだけれどバンドの転換時間もあまり無いし潔くセットアップされていたままで演奏したけれど、まー、なんとかなって良かったかな(笑)
とにかく良い楽器のお陰で楽しく演奏が出来ました。

今回は演奏終えてからバンドの皆さんと鳴子温泉に慰安旅行を兼ねて1泊して楽しく騒いで来ましたが、これがもう最高でして、、こんなに面白い人達そうそういないでしょ?って言う感じで楽しませてもらいました。
しかし、ゆっくり温泉なんて本当に久し振りでめちゃくちゃ気持ち良かった。
たまには時間作って箱根で良いので温泉に浸かりに行きたいものだなぁ。

とにもかくにもTHE 49ERSの皆様、お疲れさまでした。
次回は11月17日(木)の銀座タクトでのワンマンですね!
ご機嫌な演奏目指して頑張りましょう〜。
そしてファンの皆様、、楽しいステージをご用意してお待ちしてますのでご期待下さい。

紹介

ドラマーのクボ コウイチロウです。 講師の仕事を中心にバンド、セッション、サポートの活動をしています。

カテゴリー: diary, live, THE 49ERS タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください