Ringo, Paul !!!!! それからThe Bottom Line

ここ数日、ちょっとした事だけど数回嫌な思いをした。
駅のホームで1本後の電車に乗るべく後発為の待つ位置で並んでいたのですが、先発の電車が来て並んでいた人達が乗ったので移動しようとしたら、その先発の待ち位置にも後発の電車を待っていた人達が大勢いて整列乗車のルールを守って並んでいた人達は一体なんだったんだ?って。しかも皆いい大人達で、、日頃から小田急使ってるんだからそういうルールは承知なはずなのにな、、

そして昨日の気に入ってる近所の定食屋でも。
そのオヤジは何度かそのお店で遭遇してるんだけれど、昨日も例の如く入店するなりデカイ声張り上げて入って来た。
昨日は団体客もいて結構賑やかだったんだけれど、それでも彼の声は大きく耳障り。
で、そこで働いてるオバチャンにビールを注文。
オバチャン、ビールの用意していたらデカイ声で「客が来たらまずは水だろ、水を出せ」的な事を言ってあれこれ接客業についてウンチクをたれてる、デカイ声で。
お店のご主人はそのオヤジに詫びてはいたけれど、はっきり言ってそのオヤジの方が迷惑。せっかくの美味しいハンバーグが台無し。

なんだか続いてつまらない事が起こってしまったのですが、ちょっとハッピーになれるを発見。
Ringo StarrとPaul McCartneyがグラミー・アワードの為のリハーサルをしてる映像です。
Ringoってハッピーだよな〜。ああいう人って素晴らしいなぁ〜。
バンドはJeff Lynne、Steve Lukather、Kenny Aronoff、、のメンツでRingoがKennyになにか教えてる場面もあったりと面白い。
もっとリハーサルしてるの観たいね〜。

Ringo Starr and Paul McCartney Rehearse for Grammy Appearance 2014 – YouTube

話はまたまた変わるけれど、、
THE 49ERSのリーダーでヴォーカリストのzoeさんがバンドのfacebookページでO.V. WrightさんのThe Bottom Lineと言う僕の好きな曲について書いてくれてます。
先日のマッスル・ショールズと同様、本当にこの時代の時代背景とかいきさつとか、全く知らないに等しいので非常に為になります。
The Bottom LineはThe 49ersの2007のライブで僕は初めてプレイさせてもらって、それ以降ライブのセットリストに載らなかった曲なのですが時々この曲のことを思い出したりしていたので僕にとっては印象に残る何かがあるんですね。
で、前回のライブの打上げの時にzoeさんにThe Bottom Lineやりませんか?的な事を言ったんですよね、、多分。話題にした事は覚えてるけれどやりとりは酔いもあってか余り覚えてないのですが、、(笑)
嬉しい事に次回のライブのセットリストには再びThe Bottom Lineが登場しそうな感じなのでとても嬉しいです。
でもね、その時のリハ聴いたらドラム、全然×でした、、涙
リハまでに勉強しておかねばですね!!
The Bottom Line貼り付けてみましたのでぜひ聴いてみてください。
それからzoeさんのfacebookページへのポストも引用させて頂いちゃいます。
そして、そしてTHE 49ERSのfacebookページもぜひ!!
http://www.facebook.com/The49ersSoulSound

4回目は O.V.Wright の「The Bottom Line」。1978年の曲だから、ウチでは新しい方だ。ベースの壮さんが「この曲をやろう」といってきた時には耳を疑った。何でまた!よりによって!こんなマニアックで「超ドンヨリ地味系」の曲と歌手を。日本語にしてみたが自信はないし、英語は覚えにくいし…それでめったにやらなかった。ところが驚くべき事に、前回のライブ打ち上げ吞み会で(ドラムの窪ちゃんと良子さん)から、リクエストが出た。そもそも Bottom Line という意味は経理用語で「〆ておいくら」というときに引く線のこと。歌詞の内容は「お前はいつもオレを愛してるっていうけど、計算ずくの愛だよね。信じろといっても最後に泣かされるのはいつもオレじゃん」という情けないもの。これをO.V.は淡々と、いや、もともと泣き声なんだけど。しかも妙な訛のあるクセ声で歌っている。ニューオリンズ(クレオール)系かもしれないが日本でいえば名古屋系だ。「おみゃ~は いっつも け~さんじくだにゃ~も」いやいや名古屋方面の方ゴメンナサイ。ぜんぜん違いますね。曲は Otis Clay や Al Green などと同じ Hi レーベルだから、演奏はカッチリ・シコシコ系で素晴らしい。特にベースラインが美しい。ベーシストならやりたくなる。ノリを出すのは、とても難しい曲だが今度やるので聞いてみてください。

紹介

ドラマーのクボ コウイチロウです。 講師の仕事を中心にバンド、セッション、サポートの活動をしています。

カテゴリー: diary, music, THE 49ERS タグ: , , ,
Ringo, Paul !!!!! それからThe Bottom Line” への1件のコメント
  1. zoe より:

    The Bottom Line たまにやりますよね。たまにだから、なかなか上達しないのですが、すこ〜しずつ良くなっているような気はしています。真似する気はありませんが良い曲の良いところを伝えていくというのも、ミュージシャンの務めの一つと思っています。地道にやっていきましょう。よろしくお願いします。
    しかしクボさんは確実に Soul Drammer になってきていますね。

    • borcaro より:

      zoeさま

      演奏して伝えて行く事は大事ですよね。
      最近以前よりも音楽が理解出来るようになってきたような気がしてます、、
      これからも少しずつですが成長出来たら良いなと思ってますので、どうぞ宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください